スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舛添新党」に余裕のエール=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日夜、舛添要一前厚生労働相らが新党を旗揚げしたことについて、首相官邸で記者団に「私もさきがけ、民主党をつくってきた。新しい国民本位の政治をつくらねばならないとの理念を立ててきたつもりで、(舛添氏らは)そのような思いがあって行動に出たと理解している」と語った。
 相次ぐ新党結成の動きの影響に関しては「民主党に有利不利ではなく、いかに国民本位の政治を取り戻せるか、しっかり頑張るということに尽きる」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
<水俣病>未認定患者救済閣議決定 環境相は全員救済に自信(毎日新聞)
口蹄疫疑い3例目=宮崎の牛、さらに4頭(時事通信)
企業のGW休暇、平均5.4日=昨年よりわずかに短め-厚労省調査(時事通信)
スポンサーサイト

<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)

 成田空港で09年3月、米航空貨物大手フェデラルエクスプレス(フェデックス)の貨物機(MD11型)が着陸に失敗し炎上、機長と副操縦士が死亡した事故で国土交通省の運輸安全委員会は16日、経過報告書を発表した。飛行記録装置(DFDR)から、着陸寸前に、機首を下げる通常とは異なる操作がされていたほか、強風にもかかわらず風速や風向きが急変する「ウインドシア」警報が機内で鳴らなかった。

 安全委は今後、着陸時の機体の運動や気象状況を解析し、事故原因を詳しく調べる。

 報告書によると、同機は09年3月23日午前6時48分ごろA滑走路に進入、2回バウンドし、3度目の接地をした際、左主翼が折れて出火。炎上しながら横転し、滑走路脇の草地で大破した。

 貨物機や旅客機の着陸は通常、機首を上げ主脚が接地した後、前脚を接地する。ところが、最初の接地の直前に機首を下げる操作がされ、2度目の着陸は前脚が先に接地した。

 また当時は瞬間風速が12~18メートルで、管制塔はウインドシアの情報を送信していたが、同機や直前に着陸した3機の機内装置はウインドシア警報を出していなかった。安全委は、風による何らかの影響があった可能性もあるとみている。【平井桂月】

【関連ニュース】
成田空港:着陸のユナイテッド機タイヤから白煙
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁
乱気流:成田行きUA機巻き込まれ18人重軽傷

<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)

架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め-警察庁(時事通信)

 全国の警察が認知した身に覚えのないアダルトサイトの料金などを請求する「架空請求詐欺」の3月の被害額は、前月の2倍超となる約2億6140万円だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。2月の被害額は約1億2340万円だった。
 振り込め詐欺全体の3月の被害額は約7億5490万円で、2カ月連続で増加。このうち、おれおれ詐欺は約4億5350万円に上り、全体の約6割を占めた。 

核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着-核安保サミット(時事通信)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
カルテ改ざん容疑、病院理事長を書類送検(読売新聞)
0歳長男に暴行、父逮捕=頭を蛇口にぶつける-大阪(時事通信)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)

弟助けようと海に飛び込み、10歳兄死亡(読売新聞)

 5日午後4時50分頃、佐賀県唐津市東大島町のフェリー発着場近くの海で、兄弟2人がおぼれていると唐津市消防本部に119番があった。兄弟は救助されて病院に運ばれたが、兄は死亡が確認された。弟は意識があるという。

 唐津署の発表によると、兄弟は同市八幡町、西唐津小5年有村明輝人(あきと)君(10)と、保育園児の岳朗ちゃん(4)。近所の子どもと計5人で一緒に遊んでいたところ、岳朗ちゃんが高さ約2メートルの護岸から海に転落。明輝人君とその同級生が飛び込み、助けようとしたが、同級生は救助できないと判断して護岸に上がり、近くにいた大人に助けを求めた。明輝人君は護岸に上がらずにおぼれたという。

雑記帳 愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)
<スペースシャトル>山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
金正日「ジャンパー」世界的大流行? 北朝鮮メディア報じる「荒唐無稽」(J-CASTニュース)
寝屋川虐待 市と児相会見で「対応適切」繰り返す(産経新聞)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす-警視庁(時事通信)

「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑-名張毒ぶどう酒事件(時事通信)

 「なぜ差し戻しなのか」。名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が審理を名古屋高裁に差し戻す決定をしたのを受け、鈴木泉弁護団長は6日午後、名古屋市内で記者会見し、戸惑いの表情で語った。
 奥西勝死刑囚(84)の年齢から考えて、最後と位置付けられる7度目の再審請求。同弁護団長は「この段階で再審開始決定があってしかるべきではないか」と悔しそうな表情を見せた。一方で「再審無罪に向け、光が差し込んだ」とも話し、再審開始決定に望みを託した。
 鈴木弁護団長は同日、愛知県一宮市の事務所で、決定書を受け取った。その瞬間、「再審開始決定だ」と感じたという。しかし、封筒を開けた際、飛び込んできたのは「差し戻し」の文字だった。
 「(奥西死刑囚は)40年以上にわたり身柄を拘束され、死刑の恐怖にさらされている。再審開始決定をして、再審公判で足りない部分を審理しても良かったのでは。むしろそうあってほしかった」と訴えた。
 それでも、最後には「再審開始を勝ち取るべく全力を挙げる」と言葉に力を込めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行-神奈川(時事通信)
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」(産経新聞)
北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)

<酒気帯び運転>中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り(毎日新聞)

 沖縄県警本部(もとぶ)署は31日、原付きバイクを飲酒運転した同県今帰仁(なきじん)村の中2男子生徒(14)を道路交通法違反(酒気帯び・無免許)容疑で現行犯逮捕。同乗していた無職少年(15)を補導した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、男子生徒は31日午前0時半ごろ、原付きバイクに2人乗りし、無免許で村内の国道を飲酒運転したとしている。

 同署によると、パトカーが2人乗りの原付きバイクを見つけ、追跡を始めた直後に転倒したという。逮捕された生徒は呼気1リットルあたり0.27ミリグラムのアルコール分が検出されており、飲酒の経緯などを調べている。2人は春休み中で「買い物に行く途中だった」と話しているという。【井本義親】

【関連ニュース】
窃盗未遂:衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕
酒気帯び:容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取
酒気帯び運転:容疑で7人制ラグビー元日本代表逮捕

自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁(産経新聞)
元次官宅連続襲撃 小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)
新たに男2人逮捕=工事現場の遺体遺棄-茨城県警(時事通信)
感無量…感動した…菅家さん万感の思い(読売新聞)
プロフィール

Author:なかまるしんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。