スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮追加制裁、送金など監視強化検討(読売新聞)

 政府は24日、韓国哨戒艦沈没事件を受けた北朝鮮への追加制裁として、北朝鮮への送金や現金持ち出しの監視強化、北朝鮮に渡航する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部らの再入国規制強化などの検討を始めた。

 28日にも閣議決定する方針だ。鳩山首相は24日夕、韓国の李明博(イミョンバク)大統領と電話で会談し、大統領が発表した対北朝鮮制裁措置を支持したうえで、「北朝鮮は韓国だけでなく日本にも明白な脅威の要因だ。日本も北朝鮮への独自の制裁措置を検討している」と伝えた。

 これに先立ち、政府は首相官邸で安全保障会議(議長・首相)を開き、首相は〈1〉独自制裁の検討の早期開始〈2〉韓国を強く支持し、国連安全保障理事会などでの日米韓3か国の連携を強化〈3〉貨物検査特別措置法案の早期成立〈4〉情報収集の強化など国民の安全安心の確保――を指示した。政府は、韓国が国連安全保障理事会に対北制裁決議案を提出した場合、賛成する方針だ。

 貨物検査特別措置法案は、国連安保理の対北制裁決議に基づき、海上保安庁と税関が北朝鮮船舶の貨物検査を実行することなどが柱で、28日に成立する見通しだ。首相は24日夜、首相官邸で記者団に、「日本としても独自制裁を考えている。人、モノ、金とさまざまある」と述べた。

<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)
石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
<続報>武装勢力が中国漁船を襲撃=人質7人の身代金に1万5000ドル要求―カメルーン
バスと車衝突、15人搬送=北海道(時事通信)
関係団体からヒアリングへ=著作物利用の新規定導入で―文化審(時事通信)
スポンサーサイト

貧しい人員配置、現場へのしわ寄せどう防ぐ-特養・ユニットケアの行方(3)(医療介護CBニュース)

 利用者にとって個室ユニットでのケアは理想的かもしれない。しかし、ケアを支える現場からは消耗しているという声も聞こえてくる。

 関東のユニット型特養で働く男性職員は、人員配置の貧しさが問題の核心だと指摘する。特養の「利用者」と「介護職」の比率は、一般に「3対1」や「2対1」といわれるが、ユニット定員が9人の場合、実際は日中「9対1」であるほか、夜間は「18対1」になるという。
 男性職員はまた、「1ユニットに介護職1人では、同時多発的な利用者対応がある中で、一つの介助に専念できないほか、全介助の人に対する食事介助すらままならないこともある。居室での介助などで他の利用者に目が届かないことが多く、転倒などの事故やトラブルを防ぐことが難しい」と言う。さらに介護職の疲弊も深刻で、長時間、過密労働により、心身共に消耗しているという。
 また、新型特養が制度化されて相当たつが、こうした現場の課題が制度にフィードバックされていないのではないかといい、「データや数値化できるものだけでなく、現場の実態を積み上げて制度設計をし直すべき。介護職も声を上げてほしい」と語る。

■「お金がないのに、理念だけ追求した結果」

 著書「働きすぎる若者たち―『自分探し』の果てに―」で、ユニットケアで働く若い職員が自発的にワーカホリックとなり、燃え尽きていることに警鐘を鳴らした甲南大専任講師(労働社会学)の阿部真大氏。
 阿部氏は、人員配置の見直しや介護報酬の引き上げがないまま、ユニットケアに踏み切ったことが最大の間違いではないかと指摘。「お金がないのに、ある種、理念だけを追求してしまった結果、ケアワーカーにしわ寄せが来てしまった」と言う。推進のためには、どれくらい予算が掛かり、増税なども必要になるのかといった国民的な議論があって初めて、可能になるのではないかという。
 また、ユニットケアの職員がバーンアウトしてしまう問題は、現在の人員配置で個室ケアを行っている以上、起こってしまうといい、「緩和するためには、ある程度身の丈に合った、介護報酬に合った形でのケアに変えていくことが第一条件。その場合、質の高い集団ケアが現実的ではないか」と語る。
 阿部氏はまた、介護従事者が将来的な展望を描けるようなキャリア制度がないことも大きな問題と指摘。施設では「質の高い集団ケア」を基礎としながら、ユニットリーダーやフロアリーダーといったようなマネジメントの職階をつくっていくほか、介護職が将来的に看護職を目指せる医療行為のキャリアラダーを用意することで賃金がアップしていく仕組みが必要とした。一方、看護師が行う医療行為を介護職にシフトさせていくことは、「安い下請け」につながる可能性もあるとしている。
 阿部氏は「若いうちは低い給料でも自分の社会的承認を求めて働くというのはあるのかもしれないが、長期的なキャリアがないといつかは辞めてしまう。仕事として一歩一歩上がって行ける、もう少し広い意味での自己実現が可能な職場にする必要があるのではないか」と話す。
 また、バーンアウトする前に職員を救う仕組みが必要といい、臨床心理士などに週1回ほど施設に来てもらい、職員が職場で抱える悩みや家族の問題などの相談に乗る体制をつくることも効果的ではないかとしている。


【関連記事】
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声-特養・個室ユニットの行方(1)
一度建てれば30年間縛られる-特養・個室ユニットの行方(2)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定
神奈川県が「一部ユニット型」の認可を検討、6月新設の特養に

学校医に“ヤミ謝礼” 大阪市立の特別支援学校 5年で114万円水増し(産経新聞)
「振り込め」ナンバー2逮捕、30億円以上?(読売新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
4月の振り込め被害が最悪=緊急撲滅月間実施へ-高齢者宅訪問も・警視庁(時事通信)
高速事故で3人死亡=路肩の車にトラック衝突-山梨・中央道(時事通信)

潮干狩り 初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)

 好天に恵まれた5連休初日の1日、横浜市金沢区の「海の公園」の砂浜では、半袖シャツにサンダル姿の家族連れら約3万人が潮干狩りを楽しんだ。

 最高気温が20.6度まで上がり初夏を思わせる日差しの下、色とりどりのパラソルやテントで砂浜は埋め尽くされた。家族5人で来ていた神奈川県海老名市の小学2年生(7)は潮干狩り初体験。手を砂浜に突っ込み「潮干狩りも楽しいけど、カニを見つけるのも楽しい」とはしゃいでいた。【中島和哉】

【関連ニュース】
雑記帳:都心から最も近い「潮干狩り」始まる
天気:関東は初夏の陽気 千葉で潮干狩り場オープン
潮干狩り:GWなら前半 気象庁がお勧め期間発表
東扇島東公園:人工海浜で潮干狩り、川崎で半世紀ぶり解禁 /神奈川
潮干狩り:プラントを背景に--川越 /三重

小沢氏起訴相当 首相「参院選に影響ある」(産経新聞)
中3男子2人がホームレス狙いテントに放火(スポーツ報知)
<福島地裁支部>デジタル記録の証拠消去 原告に1年伝えず(毎日新聞)
<水俣病>救済対象2500人 最終提訴(毎日新聞)
<放置自転車>大阪・北新地にあふれる…ホステス通勤で駐輪(毎日新聞)
プロフィール

なかまるしんじさん

Author:なかまるしんじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。